家創りフロー

  • #01はじめに…情報を整理する

    続きを読む

    家を買おう、と考え始めたら、最初にしておくことがあります。
    それは、自分や家族について、情報を整理することです。

    新しい暮らしに希望することや、住まいについての現実的な条件について、まずはノートなどに書き出してみると良いでしょう。

    閉じる

  • #01情報を集める

    続きを読む

    建築家との家づくりを考え始めたら、
    まずは本や雑誌、インターネットで、感性の合いそうな建築家を探してみましょう。

    閉じる

  • #02建築家に会いに行く

    続きを読む

    感性の合いそうな建築家を見つけることができたら、メールや電話でコンタクトを取って、実際に会いに行ってみましょう。
    最初の面談は、お互いに感性や価値観が合うかを確かめる機会ですので、住まいや暮らしのほか、気軽にいろいろな話をしてみるのが良いでしょう。

    閉じる

  • #03土地を探す

    続きを読む

    土地が決まっていない場合は、建築家との土地探しをおすすめします。
    候補の土地に希望する建物が実現可能か判断したり、短所と思われるような特徴を長所や魅力に変えるようなプランを提案してくれることがあります。
    建築費と土地代をトータルで考える上でも、建築家と一緒に土地を探すことで、無理のない家づくりをすることができます。

    閉じる

  • #04プレゼンテーション

    続きを読む

    価値観が合いそうで、プランを提案してもらいたいと思ったら、条件や希望を伝えてプレゼンテーションしてもらいましょう。

    閉じる

  • #05設計・監理契約

    続きを読む

    家づくりへの考え方に共感でき、提案された案が気に入ったら、設計・監理契約を結びます。契約の際には、支払条件や作業範囲などのほか、建築家賠償責任保険に加入しているかなどを確認しておきましょう。また、監理も大事な仕事の一部ですので、どのくらいの頻度でみてもらえるかも確認します。

    閉じる

  • #06基本設計

    続きを読む

    基本設計では、建物のボリュームや骨格、プラン、外観などを決めていきます。
    図面や言葉だけでは理解できないことも多いので、スケッチや模型、写真などを提示してもらいながら、できるだけ具体的に、住まいや暮らしのイメージを建築家と共有 していきます。
    建築家は、建て主の希望を聞きつつ、予算や法的な制限の確認、敷地環境への配慮、構造・規模などを検討し、実際に建てるにはどうしたらよいかを精査していきます。

    閉じる

  • #07実施設計

    続きを読む

    プランと外観が決まったら、実施設計に進みます。
    この段階で、使用する素材や照明器具、キッチンなど水回りの設備についてできるだけ実物を見ながら選定していきます。

    閉じる

  • #08見積もり・工務店選定

    続きを読む

    図面と素材が一通り決まったら、工務店へ工事の見積を依頼します。
    信頼できる工務店を特命で紹介される場合と、3 社程度の相見積もりで決める場合があります。
    特命での紹介は、設計者との信頼関係により、安定した施工とサービスが得られるというメリットがあります。
    相見積もりの場合は、工事金額だけではなく、技術力やメンテナンス、相性など、総合的に見て決めることがポイントです。

    閉じる

  • #09確認申請

    続きを読む

    確認申請の時期は、見積もりの前、またはその期間中と、状況によって異なります。
    申請が下りるまでは通常1〜2 週間ほどかかりますが、長期優良住宅や構造によっては、さらにかかる場合があります。

    閉じる

  • #10工事契約

    続きを読む

    工事金額が決まり、確認申請が下りると、工事契約をしていよいよ工事が始まります。
    着工前には地鎮祭を行います。

    閉じる

  • #11工事監理

    続きを読む

    建築家は図面通りに工事が行われているかを確認し不適切な施工があれば、建て主の代理人として工務店に改善を求めることができます。
    基礎の背筋検査や上棟後の金物検査などのほか、 工事期間中は週1 回程度は現場に赴き、施工状況を確認します。
    上棟式については、建築家に相談してみましょう。
    工事が終わると、検査機関もしくは役所の完了検査を受けます。
    検査後には、完了検査済証が発行されます。

    閉じる

  • #12完成・お引渡し

    続きを読む

    完成するといよいよ引渡しです。引渡し書類、設備機器の説明などを受けます。
    電話やインターネット引き込み工事など、建て主が手配しなければならないことを確認しておきましょう。

    閉じる

  • #13アフターケア

    続きを読む

    引渡し後も、メンテナンスを通して建築家や工務店との付き合いは続きます。
    住まいは暮らしとともに変化していきますから、手入れのことや増改築の相談など、小さなことでも気軽に建築家に相談してみましょう。

    閉じる

お問い合わせボタン