‘長期優良住宅’ タグのついている投稿

アルファアーキテクツのモッコウバラの家(SE構法)が竣工。

2013 年 7 月 7 日 日曜日

アルファアーキテクツモッコウバラの家

が竣工しました。

作品UP致しましたので是非ご覧ください。

パッシブ設計の長期優良住宅です。

SEA’S建築家と建てる木の家top

須藤一栄・三鴨泉建築研究所の立川の平屋(SE構法)が竣工しました

2013 年 7 月 7 日 日曜日

竣工作品のご紹介です。

須藤一栄・三鴨泉建築研究所立川の平屋

作品UP致しましたので是非ご覧ください。

開放的な空間を持つ長期優良住宅です。

SEA’S建築家と建てる木の家top

長期優良住宅のメリット【2013年度6月版】

2013 年 6 月 18 日 火曜日

今年の家づくりは長期優良住宅が断然お得。
いまなら、各種税制優遇が使えます。

「長期優良住宅」は、「いい家をつくって、きちんと手入れをして、長く大切に住まう」がコンセプトの、政府が普及促進している長持ち住宅です。SE構法のSEA’Sの家は、この長期優良住宅との相性が抜群。取得する為の条件は上記になります。

固定資産税等の減免

住宅を取得した際の固定資産税は、初めの一定期間1/2に減免されます。更に今なら長期優良住宅にする事で、軽減期間が延長されます。

その他の税制

今なら、その他の税金についても優遇が大きくなっています。不動産取得税や登録免許税は、長期優良住宅の場合、優遇を受ける事が可能です。

贈与税の非課税枠

今なら両親や祖父母から住宅資金を受ける際の贈与税の非課税枠が有ります。長期優良住宅の場合、非課税枠が更に拡大します。

SEA’S建築家と建てる木の家top

長期優良住宅の認定対象となる住宅は?

2010 年 7 月 24 日 土曜日
長期優良住宅の認定対象となる住宅は?
長期優良住宅の認定に必要な家の性能は
<耐震性>
耐震等級2以上
<耐久性>
劣化対策等級3
<内装・設備の維持管理の容易性>
維持管理対策等級3
<省エネルギー性>
省エネルギー対策等級4
<変化に対応できる空間の確保>
居住面積 75㎡以上
基準階部分の床面積40㎡以上
<計画的な維持保全>
30年間の維持保全計画と実施
<住環境への配慮>
自治体ごとの規制に適合する事
となっております。
住宅の性能をUPし、長期にわたる保全計画を立てる事が
条件となってくるんですね。

長期優良住宅のメリット

2010 年 7 月 21 日 水曜日

長期優良住宅のメリットは総額500万円以上になるケースも!?
今年は一棟に対して
①最大120万円までの補助金や
②住宅ローン減税
③各種減税
④フラット35 20S
と併用する事により
3000万円の住宅で総額500万円程度のメリットが有るんです
(年収800万円、3人家族で試算した場合)
家の性能強化に使う費用はもちろん
有りますが、それでも十分得になりそうです。
ちなみに断熱により冬はとても暖かいので
暖房費も100㎡位の住宅ですと年間
10000〜15000は削減できるといわれています。