‘素箱’ タグのついている投稿

ブログ 「素箱001」オープンハウスに行ってきました。

2015 年 7 月 27 日 月曜日

渋谷から、京王井の頭線に乗って10分ほどすると「久我山」の駅に着きます。

商店街を横目に、そのまま住宅街に入り、吉祥寺方向へ歩き出します。

最初はスマホの地図検索を頼りに訪れていましたが、

このときはもう何度目かの訪問だったので、足取りに迷いはありませんでした。

この日、この場所でついに竣工をむかえることができた

素箱の第1号棟目のオープンハウスが開かれました。

通りから、正面。右側が玄関です。

小さくとも、ピッと凛々しい建ち姿は、さりげない存在感があります。

1F階段下。

白と木目のやわらかな空間に、鉄のフレーム階段が、

スッとメリハリを与えています。

シャープで直線的で、とてもシンプルなつくりです。


真ん中 、階段の手摺りに手を掛けているのが、設計者のL_DESIGN 秋さん。

2F、階段をのぼった先はワンルームのLDK。

角度が少し急な6寸勾配の屋根と

壁や柱のない一室空間。

この大胆な設計の組み合わせが、

素箱のユニークな空間をつくり出します。

空に向かって大きな窓が開かれた一室空間は、

どこか展望台を思わせます。

自分だけの空があるような、どこまでも景色が広がっていくような

不思議なことに、開放感と落ち着きを同時に与えてくれます。

木製のカウンターやキッチン、洗面化粧台、そして間仕切り壁はオプションで、

建て主さんが現在の生活の必要に応じて設置するかどうかを選択することができます。

それぞれプライスカードが立てられ、

スペースごとに自分で家をつくれるという感じにリアリティが持てます。

ちなみに、キッチンと洗面ボウルは建て主さん自らメーカーから購入して設置したもの、

キッチンカウンターと洗面カウンターは家具工事にて製作したとのことでした。

詳細はこちらから
素箱 あなたのアイデアでdesignできる家

SEA’Sトップ

wrote/y.takahashi

NEWS! 無理せず買えて、本当に必要なものだけがある家、登場。

2015 年 3 月 9 日 月曜日

この部屋の壁、取り払うことはできないのかな?

それからこの窓、外から中が見えてしまいそうだし・・・

ドアも、床材も、タイルも、キッチンも、水栓ひとつとっても、もっと自由に選べたらいいのに。

いったい、どうしてこういう家にしたんだろう?

家に対して、こんな疑問や要望を抱いている方は少なくないのではないでしょうか。

また、好きなようにしたくても、規格から外れたとたんオプション扱いになり、

値段が跳ね上がってしまう、という話が実際のところ多いようです。

衣食は自由に選択できるようになりましたが、

住については、得られる満足と支払う代価のバランスがとれた選択肢は、まだまだ少ないのでしょうか?

今日は、コンセプトハウスに新しくラインナップした「素箱」についてお話ししたいと思います。

「家にとって本当に必要なもの以外はつくらない」。

そう決めることで、質とコスト、両方のバランスがとれた家ができました。

素箱には、本当に必要なもの以外はつくられていません。

素箱にあるのは、「安全で身を守れて、あたたかい巣であること」という、家の原型そのものです。

具体的には、「構造体」、「可変性」、「温熱環境」、

そして「建築家の設計による、あきのこないシンプルなデザイン」です。

必要なもの以外はつくらない代わりに、必要なものについてはどれも良質な素材を採用しています。

それが、素箱の質とコストのバランスを実現した鍵です。

簡素だからこそ、そのひとらしさを大らかに受け入れてくれます。

素箱を仕上げるデザイナーは、住む人自身。

無理することなく、自分のペースで、自分らしい家をつくることができます。

家は今、大きく変わろうとしています。

それは、住み手であるわたしたちのライフスタイルや価値観が多様化してきているからです。

今までは、「自分らしい家」をプロに提案してもらうのが一般的でしたが、

これからは、「建築として良質でなにもない空間に、住む人自身がつくっていけること」を

新しい選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

建築家が考えた、ライフスタイルに合わせて編集できる家。

あなたなら、どんな家にしますか?                                              text/ Y.Takahashi

素箱 あなたのアイデアで自由にデザインできる家。
http://suhaco.com/

SEA’Sトップ

インタビュー#03 L_DESIGN建築設計事務所の記事をアップしました

2014 年 5 月 1 日 木曜日

SEA’S事務局からはみなさんへ
インタビュー企画第3弾をお届けします!
L_DESIGNの秋さんにお話しうかがいました。

記事をみる > インタビュー#03 L_DESIGN建築設計事務所