‘太陽の光を感じる家’ タグのついている投稿

ブログ 「太陽の光を感じる家」オープンハウスに行ってきました。

2015 年 7 月 8 日 水曜日

7月上旬、田園調布に完成した

アーキプレイスの「太陽の光を感じる家」へ行って来ました。

田園調布の駅から、多摩川の方へ戻る感じで向かう、現地への道すがら。

ありました。こちらが「太陽の光を感じる家」です。無事到着。

「家の中のどこにいても、太陽の光を感じられるように」と、

地下かららせん状に回りながら屋上へと上昇していく空間を構成し

すべての部屋に窓が切り取られています。

2Fのリビングダイニング。

広いワンルーム空間に、テラスへ続く大開口。

見えるでしょうか・・・、開け放たれたテラスから、

ずっと向こう側に武蔵小杉の新しいビル群が建ち並ぶのが。

大きな窓から、外の景色をダイナミックにとりこんだリビングダイニング。

小さな窓から、空を切り取ったバスルーム。

隣の家の、緑と赤い煉瓦の佇まいを絵のように収めた子ども部屋。

どの部屋もひとつひとつは特に変わったことはせず、落ち着いた雰囲気なのですが、

光の取り込み方によって、それぞれの空間が静かに表情を変えるのを見せてくれます。

らせん状に空間を進んでいくと、

武蔵小杉のビル群の風景が徐々に上昇していきます。

リビングのテラスから見えた景色は、

3Fの子ども部屋の窓から見たときには、さっきよりやや高い位置から見下ろすようなかたちに。

うーん、ちょうど良いアングル・・・たぶんこの部屋がいちばん良い部屋なのではないでしょうか。

と、おや、屋上にも上がれるようです。

一段と視線の高さが上がって、武蔵小杉のビル郡の手前に、多摩川が姿を現しました。

川と緑地は水平に伸び、空はどこまでも高く広がっていきます。

「こんな風に見えるって分かってて設計したんですか?」

設計者の石井氏に聞くと。

「いや、実はそうではないです笑。こちら側に視界が開けるよう設計はしたけれど、屋上に上った時にこの風景が見えるとは最初から誰も分かっていませんでした。分かったのは、上棟した時です。その時は、私たちも、建て主さんも、思いがけないプレゼントをもらったような、びっくりしたようなうれしいような、特別な気分になりましたね。」


バスルームの洗面スペース。
建て主さんが自ら選んだタイルで仕上がっています。
クレーの水彩画のような、やわらかくて不思議な印象です。

wrote  yoko.t

SEA’S top

設計事務所アーキプレイス