フラット35S (20年金利引下げタイプ)

皆様こんにちは。
今日は先日ご紹介した
長期優良住宅に引き続き、補助金・減税について
ご紹介します。

2011年は住宅の絶好の建て時といわれています。
これに対して、SE構法(SE工法)では
5つの優遇策として「5大メリット」と名前をつけています。

本日はまず一つ目として【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)
についてです。
フラット35 S(20年金利引下げタイプ) とは

国が管轄する
住宅金融支援機構が提供する住宅ローンの制度です。

長期固定金利を最大のメリットにした住宅ローン【フラット35】に、
質の高い住宅というスペシャルの「を付けたもの。

具体的には【フラット35】のお借入の金利から、当初10年間 年1.0%の引下げ、11年目以降20年目まで 年0.3%の引下げを受けることが可能になり、かなりお得になります

フラット35Sのメリットとしては・・・

固定金利なのに金利がかなり安い
■金利変動がない
■保証金0円、繰り上げ返済手数料0円

といった所です。具体的には下の試算をご覧下さい。
かなりお得になるのがお分かりいただけるかと思います。
フラット35 20 Sのメリット

フラット35Sの取得の条件としては

長期優良住宅
・耐震等級3
・省エネルギーのトップランナー基準
・高齢者配慮対策等級4・5

いずれか一つを取得する事です。

フラット35Sの取得時に建主様によく選択されているのが長期優良住宅もしくは耐震等級3です。

構造や省エネ設備の利用と絡めて、フラット35Sなどの住宅ローンについては、家づくりのパートナーに聞いてみましょう。
きっと良いアドバイスがもらえるかと思います。