住宅ローンについて 変動金利・固定金利

変動金利型住宅ローンとは?
変動金利型住宅ローンとは、利息を支払う時点で金利水準が決定される住宅ローンのことをいいます。
金利変動のリスクが有るため、一般的には固定金利型住宅ローンより低い金利水準が取られます。

固定金利型住宅ローンとは?
固定金利型住宅ローンとは、借入時点で全期間の金利水準を定めてしまうタイプの
住宅ローンの事です。
固定金利は金利変動のリスクが無いため、一般的には変動金利型住宅ローンより高い金利水準が取られます。
代表例としては住宅金融支援機構と民間金融機関が提供しているフラット35が有ります。
”優良住宅支援制度”という名称の通り、建物の性能を良くする事により
使用することが出来ます。

変動と固定の比較
変動金利住宅ローンは、
・将来的に繰上返済や借り換えを検討されている方
・(低金利の現在においては)借入期間が短い方
・将来景気が良くならない、つまり金利が上昇しないと予測される方
に向いているローンであると言えます。

一方固定金利住宅ローンは
・住宅ローンの支払額を確定させたい方
・将来に向けての安心を買いたい方
・将来景気が良くなる、つまり金利が上昇すると予測される方
に対して、向いているローンであると言えます。

SEA’S建築家と建てる木の家 top