2×4工法の長所と短所

2×4工法

2×4工法とは

2×4工法はもともと北米で開発された工法で、
日本での正式名称は「枠組壁工法」といいます。

在来工法の様に柱や梁の軸組みで構成するのではなく、
基礎と土台の上に枠組みをつくり、
そこに構造用合板などを釘留めしたパネルを貼り合わせて、
天井・床=2面、四方の壁=4面、
計6面のパネルで形成された箱のような駆体をつくります。

【2×4工法の長所】
部材のすべてを金物でしっかりと接合し、
隙間ができにくいので高い気密性と断熱性を確保します。

パネルそのものが規定の強度をもっているので、
地震などによる横からの力に強いともいわれています。

【2×4工法の短所】
反面、2×4工法は外壁が在来工法でいう
「耐力壁」の役割を果たすため、
大きな開口を設けにくく増改築なども難しくなります。

以上のような長所・短所を加味し
将来のことまでをよく考えて建てる必要がありますね。

SEA’S建築家と建てる木の家 top