在来工法とは

在来工法とは

在来工法

在来工法とは

在来工法とは基礎と土台の上に柱と梁を組んで軸組を構成し、
そこに壁や床を取り付けていく工法で、
一般住宅において最もポピュラーな工法です。

在来工法は金物を使わずに
加工のみで部材を接合する伝統工法に比べ、
接合部の加工を簡略化し、さらに金物も併用して部材をつなぎ合わせます。

比較的レイアウトの自由度は高いですが、
柱と柱の間に斜めに入れる「筋かい」の入った
「耐力壁」の量で耐震性を確保するため、
大きな開口を設けるなどレイアウトによっては
壁がとても多い家になってしまいます。

また、在来工法は建てる職人の技量に左右されやすい という一面も。

最近はあらかじめ工場でプレカットされた木材を使用したり、
壁や床をパネル化した合理化工法が登場するなど多様化しています。

以上の様な特徴のある在来工法。
メリット・デメリットをおさえて採用するかを検討しましょう。

SEA’S建築家と建てる木の家 top