須藤一栄・三鴨泉建築研究所の柳邸北町の家が現場進行中です  【★見学予約受付中】

こんにちは。須藤・三鴨建築研究所の須藤です。

模型写真の車庫の上部をご覧になって下さい。
2階の洋室が、大体ですが幅1m50㎝ 奥行 4m50㎝で空中に浮いているのが分かると思います。

この間取りが実現できたのは、耐震工法であるSE構法を採用しているからです。
SE構法とは、木の家ですが柱や梁に強度の高い集成材と特殊な金物で剛接合するので、耐震性を確保しながら鉄骨造や鉄筋コンクリート造並みの大空間や大開口を実現させることができる耐震工法です。
また、優秀な構造設計者によりビルやマンションで使用されている強度計算と耐震設計が行われているので、地震に強く極めて安全性が高いのでお施主様が安心して日々を過ごせる。

これは日本の伝統である木造在来工法では、実現できません。

SE構法の骨組みは完成してしまえば、見られなくなってしまうので、非常にご好評を頂いております。

参加費用は無料ですし、じっくりご覧いただける見学会ですので、耐震が心配な方はぜひ参考までにご覧ください。
この美しく耐震性に優れた骨組みに感動されると思います。

ご施主様のご好意により、今回の構造見学会開催が決定しましたことを、
心より感謝いたします。

お申し込みはこちら