コンセプトハウス ラインナップ紹介 -空と暮らす家-

■コンセプトハウス ラインナップ紹介 -空と暮らす家

こんにちわ。
NDNの吉田・平野です。

コンセプトハウス ラインナップ紹介
VOL3は設計事務所アーキプレイス 空と暮らす家です。

都会のオアシス:中庭のある暮らし、コートハウスです。

よろしくお願いします。

【コンセプトハウス概要】
「空と暮らす家」はシンプルモダンな住宅でありながら、日本の住まいの伝統を受け継ぎ、プライバシーを守りつつ自然とともに暮らしていく”明日の家”です

子育て世代を想定した、住宅密集地の2階建て住宅。
かつての日本の住まいは、生け垣や塀で守られた「庭」と「家」が一体となり自然との繋がりを大切にしたものでした。2階をリビングとした『空と暮らす家』は現代の都市部において、四季の移り変わりを感じ、雲のながれる空とともに暮らすための住宅です。

【詳細】
《2階リビング》
家族がいちばん長く時間を過ごす、リビングを中心としたスペースを環境の良い2階に設け、個室や水廻りを1階に配置することが、建て込んだ住宅地においては有効です。

《宙を囲む壁》
2階は宙を囲む壁でプライバシーを守り、外部空間を取込んだ開放感あふれる明るい住空間を実現。シンボルツリーの見えるデッキテラスはリビングと一体的に使用でき、キッチンに隣接したサービスバルコニーは食材やゴミの一時置き場になります。

《塀のない外構》
1階は塀などで囲まず開放的にし、シンボルツリーを植えたり、駐車+駐輪スペース、室外機置き場として有効に活用。囲まないことが死角を生まず、かえって防犯性を高め、街の開放感や風の流れを生み出します。

《2つのアプローチ》
子供たちが必ず家族と顔を合わせて個室へ行くように、あえて2階に玄関を設けて外階段でアプローチ。浴室に面した1階のバスコートは勝手口にもなり、中央に設けた内部階段に繋がります。内部階段は2階のリビングとダイニングキッチンを緩やかに分けています。

《空と暮らす家》
2階は宙を囲む壁で守られているので、周囲の視線を気にせず外部空間に大きく開くことができます。屋根の傾斜を利用した高窓からは、切り取られた青空が見え、夜には月明かりが入ります。

参考価格:2,580 万円(税抜)
建物価格: 2330万円(税抜)
設計監理料: 250万円(税抜)
建物坪単価: 84.38万円

コンセプトハウス一覧へ