道路条件により敷地面積が変わる事

道路に関する2つの義務
土地の前面にある道路に関して、建物を建てる場合に2つの取り決めがあります。
①2m以上土地に接していること
②4m以上の幅がある事
この二つを、購入を検討されている土地についてご確認下さい。
基本的に一般に不動産情報に出ている土地に関して①は満たしているかと思います。
②4m以上の幅については満たしていない場合も多いのですが、この場合は拡幅工事が必要となります。
拡幅の方法は
1:道路の中心線から2mずつ後退し4mを確保する
2:敷地の反対側のラインから4m後退する(敷地の反対側が川等の場合)
4m未満の場合は敷地が削られるので、建物の立つ範囲が狭くなりますのでご注意を。
以上簡単ですが土地購入時の道路についての確認事項でした。

タグ: