家レポ 須藤三鴨建築研究所の「武蔵関公園の家」が着工しました。

現在、3月下旬に構造見学会を予定している

須藤三鴨建築研究所の「武蔵関公園の家」。

2月中旬ころに着工し、現在は基礎のコンクリートを打設中です。


コンクリートの打設は、

まず、基礎の一番底面になる「耐圧盤」の配筋

コンクリート流し込み

次に、基礎の「立ち上がり」の配筋

コンクリート流し込み・・・

と、順次つくっていきます。

このプロセス・・・ちょっと、工作の時間を思い出しますよね。

待望の骨組みが立ち上がったそのあとは、

屋根の工事に入る予定です。

——————————————————————————————

「武蔵関公園の家」 構造見学会
完成前にしか見ることのできない、家の構造体。
SE構法の強さと自由度の高い空間をつくりあげる理由を、現地にてお伝えします。
意外と知られていませんが、棟上げされたばかりの骨組みは、とても端正で美しいですよ!
http://www.seas-house.jp/E102/event_no/282

——————————————————————————————

須藤一栄・三鴨建築研究所
http://www.sudomikamo.com/

SEA’Sトップ
http://www.seas-house.jp/