ブログ オープンハウスに行ってきました <その3>

階段をのぼり終わらないうちに

視界が、ぱあっと明るくなりました。

この家の南側の、最も高いところにとりつけられたハイサイドライトが

すぐ頭上にありました。

太陽の光が気持ちいいなぁと、ひさしぶりに感じました。

床の無垢材は

肌色に近い、明るい色。

白い漆喰の壁は

すこし凹凸があって、仕上がりがラフな感じ。

それぞれが調和して

このフロアの空気感を、軽く、やわらかいものにしていました。

実は3Fの壁は

建て主さんご家族の手で仕上げたのだそうです。

コストの節約にもなりますが、

かたちになって残る、家づくりのいい思い出にもなりますね。

自然の光がふりそそぐフリースペースに

ぽっかり口を開いている

壁につつまれた10帖ほどの空間。

2Fのリビングから見えた、子どもたちの部屋です。

奥から三分の二くらいまでを壁、手前三分の一をヒーターパネルで

二等分するように仕切られていて

ニッチ型本棚、吹き抜けにつながる内窓、勾配天井には天窓

それぞれのスペースに1つずつ。

どうやらキョウダイのようです。

すべすべの無垢の床にぺたんと座って

天窓を見上げていたら

これからここで新しい生活をする子どもたちが

ちょっとうらやましくなってしまうのでした。

夜、寝転がりながら空が見えるのって

あこがれません?

<SEA’S 建築家と建てる木の家>