ブログ オープンハウスに行ってきました <その2>

玄関から奥の書斎へとつづく廊下の脇にある

木の踏み板のスリット階段。

踏み板と踏み板の隙間から下階が見えて

すこしドキドキしながら2階へ。

階段を上がると

リビング、ダイニング、キッチンのスペースが

ひとつの大きな空間にレイアウトされていました。

壁は白い漆喰、床はブラウンの無垢フローリング、柱梁は集成材の現し―

フロアの大部分を天然素材で仕上げられたこの空間は

そこにいる人を落ち着かせてくれるような感じがしました。

そして、目に見える以上に広い印象。不思議です。

白い漆喰の壁をよく見ると

全体的に淡く青みを帯びていました。

大きなバルコニー窓から差し込んでくる

明るい太陽の白い光とは種類のちがう光です。

視線を少し上に向けると

2階フロア全体を囲むように吹き抜けがあり

そこからトップライト越しに青い空が見えました。

空の光が

2階の壁に届いていたんですね。

吹き抜けや勾配天井や

トップライトが効果的に組み合わさると

空間の表情が多彩になるんだなぁ・・・・・・

ごくごく普通のつくりの家に住んでいるわたしは

このリビングでくつろいでいる妄想することしばし。

われに返って

視線を横に動かすと

内窓のついた部屋を発見。

子どもたちのスペースです。

ぐるりと囲む吹き抜けのおかげで

家族が集うリビングの上に

ぽっかり浮かんでいる基地にいるような気分になりソウ・・・!

そんな風景につられて

3階へと階段を上がりました。

<その3につづく>

SEA’S 建築家と建てる木の家 top