2016 年 6 月 13 日 のアーカイブ

須藤・三鴨建築研究所の柳邸北町の家が着工します。

2016 年 6 月 13 日 月曜日

こんにちは。須藤一栄・三鴨泉建築研究所の須藤です。

5・11友引の吉日。吉祥寺北町の家。地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは、建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

吉祥寺北町の家では、SE構法を採用しています。

SE構法とは、木の家ですが柱や梁に強度の高い集成材と特殊な金物で剛接合するので、耐震性を確保しながら鉄骨造や鉄筋コンクリート造並みの大空間や大開口を実現させることができる耐震工法です。

また、優秀な構造設計者によりビルやマンションで使用されている強度計算と耐震設計が行われているので、地震に強く極めて安全性の高い構法がSE構法です。

これは日本の伝統である木造在来工法では、実現できません。

吉祥寺北町の家では、SE構法の利点を最大限に活かし、デザイン性と機能性に優れた家作りを実現させます。

今後のスケジュールですが、敷地のレベル測量からスタートし11月末の引渡し予定です。

6月中旬には構造見学会を行いますので、この美しく耐震性に優れた骨組みを是非この機会にご覧になって下さい。

11月末には、完成見学会も開催致しますので、家作りにご興味がある方は、須藤までご連絡下さい。