SE構法(SE工法)による作品紹介
シンボルツリーのあるコートハウス

〜中庭とシンボルツリーの建築家住宅〜

隣地の建物に四方を囲まれた旗竿状敷地に建つ住宅です。
建物外周部に隣地からの視線を遮る壁を設置してプライバシーを確保しつつ、
中庭に対して開放的な計画としています。
中庭に植えられたシンボルツリーの新緑は、白い壁に囲まれた空間に彩りを加えます。
夏にはシンボルツリーの木陰が気温を下げ、秋の落葉は季節の移ろいを感じさせます。
葉のない冬は暖かい陽射しを遮ることなく、穏やかな半屋外空間となります。

所在地東京都埼玉県 千葉県 神奈川県 (対応可)

必ずお読みください。