SE構法(SE工法)による作品紹介
小さくても大きな吹抜けのある家

〜珪藻土・パイン材を使った建築家住宅〜

この建物は30代夫婦と子供2人のために計画された家です。 コストをかけず、シンプルな形状で居住性の高いデザインを心がけて計画を行ないました。
敷地は前面道路に対してほぼ長方形で、建物の形状は片流れの立方体。1階にリビング・ダイニング・キッチン、客間の和室、水回り。2階に子供部屋と主寝室を設け、パブリックとプライベートを上下階に分けています。子供二人が小さいため2階の子供部屋は一体的な使用としていますが、将来は仕切れるようにしています。リビングに階段を設けたり、大きな吹抜けのリビングは2階とワンルーム的なつながりを持ち、どこにいても人の気配を感じることが出来るように計画しました。
仕上材はコストを抑えながらも統一感を考えた素材を選び、外壁にはそとん壁の一条波仕上、内部の床にパイン材のフローリング、壁は珪藻土仕上とし、自然素材の素材感を大切にしました。

所在地茨城県ひたちなか市

必ずお読みください。