SE構法(SE工法)による作品紹介
自然素材あふれる藤棚のある家

〜シンプル・国産材を使用した建築家住宅〜

この建物は夫婦のための家を国産材の杉と自然素材を多用した計画としました。
1階にリビング・ダイニング・キッチンと水廻り、2階に寝室と間仕切ることでのできる子供部屋を配置し、床には杉のフローリング、壁には中霧島壁を用いて自然素材に囲まれたシンプルな空間としています。ほとんどの開口部には障子を付け統一感を出しました。
一方、外部仕上は自然素材のそとん壁を使用し素材感を出し、軒天や破風、一部の外壁には杉板を、デザインのアクセントとして開口部に木製のルーバーをつけました。
色は白地にこげ茶のコントラストとすることで街並に落ちついた雰囲気を出し、駐車場の上はパーゴラ(藤棚)をつくり、将来、植栽で覆えるように計画、以前からそこに建っていたかのような佇まいとともに街並にとけ込んだデザインの住まいを心がけました。

所在地埼玉県さいたま市

必ずお読みください。