SE構法(SE工法)による作品紹介
大開口とウッドデッキのある平屋住宅 近藤沼の家

〜大開口とウッドデッキのある平屋の建築家住宅〜

北側にある景色の良い沼をLDKから望むことのできるコの字型の平屋中庭型住宅です。全ての部屋が南に開放された中庭に面しているのでプライバシーを確保しつつも、同時に明るさと風通しを確保しています。競技も含めた趣味の自転車が好きなご夫婦のために、自転車の保管・メンテナンスを行う広い土間を玄関&リビングに隣接し且つ中庭に面した場所に土間として配置した住宅です。

所在地群馬県館林市
敷地面積380.13平米
延床面積117.44平米

必ずお読みください。