SE構法(SE工法)による作品紹介
トップライトと中庭のある家 茗荷谷の家

〜トップライトと中庭の有る建築家住宅〜

大きな窓のある天井の高いリビング地上より3層の建物となる為、軒高を低くして街に対して圧迫感のでないように計画しました。南北軸の階段の左右に各室を配して動線を明確にし階段上部に設けた大きなトップライトによって日中の採光を確保しています。
中庭は1階和室への採光通風確保のほか、デッキつたいにLDKへ回遊できるプランとなっています。
冷暖房効率を上げる為に外断熱工法を採用して、開口部には、木製サッシを採用ガラスはLow-Eガラスを採用しています。
お子さんのアレルギー対策として内装仕上は、ムクフローリングに蜜蝋ワックス仕上とし、壁には珪藻土塗を施し室内環境の向上を計っています

所在地東京都文京区

必ずお読みください。