SE構法(SE工法)による作品紹介
中庭と吹抜けから光を取り込む住宅 大和町の家

大和町の家
SE構法による耐震性や温熱環境(断熱性や蓄熱式床暖房)にこだわり、
密集した周辺環境に配慮し南側の吹抜けを通して室内に光を導く計画としています。

<設計者のコメント>
設計をスタートしてから、建築主さんのお仕事の都合で中断をはさみ、
足かけ4年の歳月を経て完成したお住まいです。
敷地はやや近隣の建物が密集する地域。
その環境の中でいかに心地よい空間を作るかが、クライアントと私のテーマでした。
中庭や吹抜けから光を取り込み、囲われた落ち着きと開放感をあわせ持つ空間になったと思います。

<建物概要>
敷地:東京都中野区 構造:木造(SE構法) 規模:地上2階 用途:住宅
敷地面積:122.68屐〃築面積:72.19屐 ̄箴果明僉137.48屐―弭:平成26年4月

所在地東京都中野区
敷地面積122.68平米
延床面積137.48平米

必ずお読みください。