SE構法(SE工法)による作品紹介
吹抜けにブリッジがかかる住宅 小平の家

小平の家
家族のコミュニケーションを重視し、皆が集まるリビングを家の中心に置いています。
吹抜けにかかるブリッジを通って各個室にアクセスをします。
見上げると吹抜けを通して家族の気配を感じることができますし、
ブリッジを渡る際の視線の変化は子供ならずとも大人にとっても楽しい時間です。

<設計者のコメント>
LDKを2階に配置し、大きな吹抜けのある空間としました。
3階の個室には吹抜け上のブリッジを通過してアクセスします。
日常生活の中で視線の変化も楽しめるプランとしています。
敷地は道路を挟んだオリーブ畑に面しています。
畑の緑に大きく開き、室内に緑の景色を取り込める計画としました。

<建物概要>
敷地:東京都小平市 構造:木造(SE構法) 規模:地上3階 用途:住宅 
敷地面積:67.94屐〃築面積:41.50屐 ̄箴果明僉119.20屐―弭:平成18年9月

所在地東京都小平市
敷地面積67.94平米
延床面積119.2平米

必ずお読みください。