SE構法(SE工法)による作品紹介
コンポジション

この建物は、敷地が南に開け、静かな道路に面しているため、建物を北に寄せ最大限の開口部を確保して、明るいリビングと2階のホールを設けました。一般的な木造サッシやフローリングを用いながら、部分的にコンクリートや外壁のモルタル撥水材仕上げなど、極力素材感を高める工夫をし、小さな吹き抜けが1階と2階の連続性を高め、光が壁を伝って下に落ちてきて、光壁になるように設計しました。外部の格子がピエト・モンドリアンの絵画のような抽象的な構成を見せ、建物のデザイン性を高めています。

所在地東京都小金井市
敷地面積143平米
延床面積101平米

必ずお読みください。

この家を見た人はこんな作品も見ています