SE構法(SE工法)による作品紹介
門前仲町の住宅

"敷地を訪れた際、すぐに川と緑の心地良さを感じ、敷地 から見える桜並木の景色を建物に取り込むように計画を始めた。
施主夫婦の要望は大変シンプルで、白を基調にした空間にシンプルに暮らしたいというもの。空間構成は、各階の床面積が約40m2と決して大きくないこともあり、ワンルー ムを層として積み上げていき、各層の性質により天井高・開口部を操作し、空間に変化を与 えた。各部屋は明快な空間となるよう、必要最低限の壁と柱でワンルームを構成し、4 層を繋ぐ階段室はコンパクトな螺旋とした。また空間に出てくる構造壁は造作家具と一体化 させた。
将来的にはファサード面の緑化をできる装置を用意しており、時間をかけて緑に覆わ れるファサードが出来上がって行くのが我々の楽しみでもある。

所在地東京都江東区
敷地面積55.6平米
延床面積100.75平米

必ずお読みください。