SE構法(SE工法)による作品紹介
ブリッジのある家 所沢の家

ダイニングからロフトまでつながる3層の吹き抜け空間にバルコニーへとつながるブリッジを架けました。ブリッジは子供の遊び空間となり、上下階で自然に会話が生まれるようにと提案しました。高窓による明るく伸びやかな吹き抜けのダイニング、そして落ち着いた雰囲気の畳リビングは床を30cm上げて空間をゆるやかに仕切りました。丸、三角、四角の窓、黒や黄色の壁、回遊性のある間取り秘密基地となるロフトやハシゴ、無垢材、畳、障子、漆喰、色などの五感を育む要素がいっぱいです。

所在地埼玉県所沢市
敷地面積130.75平米
延床面積104.57平米

必ずお読みください。