SE構法(SE工法)による作品紹介
木洩れ陽の家

朝は柔らかな光が包み、午後は揺れるような木洩れ陽が壁や天井を映し込む・・・・・。庭を望むテラスや切り取られた窓から四季折々の風景を切り取って、「季節や時間の移ろいを感じる快適で心地よい空間」をテーマとしています。

施主様の声

輻射式暖房と高気密高断熱、苔生す程の湿度の高さと冬の厳しさを持つこの地域ですが、とても快適に過ごしています。自然の風景生かした設計は、建物としてあまり目立つ事を望んでいませんでしたので、完成した時はそのロケーションにフィットして、以前からそこにあったような落ち着きある居心地の良い住まいになったと思っています。特にキッチンや浴室、トイレなどの水廻り空間も気に入っています・・・。

所在地長野県北佐久郡
敷地面積1665平米
延床面積120平米

必ずお読みください。

この家を見た人はこんな作品も見ています